Byteball(GBYTE)

オープン時期
2016年9月
公式サイト
https://byteball.org/
最大生成コイン数
1,000,000GBYTE
生成アルゴリズム
Directed Acyclic Graph

スマートコントラクトを利用して、P2P(個人間取引)を通じて資金のやり取りを行うことができる暗号化プラットフォーム。
受取人がお金を受け取る際に条件を設定し、条件が満たされない場合はお金は返却されるという条件付き支払いができる。また、P2Pを利用してチャット上で支払いが可能という特徴を持ち、チャットbot、botストアなどの機能も。
予測市場(将来の出来事に対して賭けるギャンブルのようなもの)も利用可能で、P2Pを利用した保険、P2Pを利用した賭け事も可能。ブロックチェーンを使用しておらず、directed acyclic graph(DAG)という仕組みをもち、ブロックサイズなどのブロックチェーンに共通するスケーラビリティの制限がない。すべての支払いを保管して管理する中央集権は存在せず、ユーザーによって作成されたトランザクションは暗号化され、相互にリンクされる。
現金のような追跡不可能(取引がパブリックデータベースに表示されない)通貨であるブラックバイト(blackbyte)で支払うことができる。

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]

ニュース

ディープフェイクの脅威[偽物が存在することを把握することの重要性]

ニュース

メタップス、取引所事業から撤退[変化する法規制]

ニュース

未来投資会議での議論[送金手数料と銀行の収益構造]

ニュース

中電、情報銀行に関する実証実験へ[情報銀行業と認可]