Monthly Archives: 2月 2017

仮想通貨ウォレットを狙った新たなマルウェアが発見される。

083

セキュリティソフトウェアの製造と販売を行っているCyrenがパソコン機器などコンピュータ上の仮想通貨ウォレットから、ログインデータや仮想通貨を盗み出すマルウェアの存在を報告した。

 

フィリピンで仮想通貨取引業が登録制に

2-2

最近何かと物騒な話題の多いフィリピンにもついに仮想通貨の規制法案ができたということだ。

 

中国の取引所が相次ぐ出金制限

chaifania

中国政府の我慢の限界を迎えた、というところだろうか。政府が懸念する、仮想通貨を通した資本流出が止まらない中国で、出金制限を本格化する動きが加速している。

 

ポーランドで仮想通貨取引が認められる

2

ポーランドの中央統計局(GUS)が、ポーランド内での仮想通貨の取引及びにマイニングを経済活動とみなすという政府の公式見解を発表した。

 

中国人民銀行、大手取引所を集め会合

ihofajfajaoijkkj

2月9日、中国の中央銀行である中国人民銀行が、大手の取引所との会合を取り持ったことを明らかにした。それによれば、会合は2月の8日の午後に行われたのだという。

 

OKコインが取引手数料の変更をキャンセル、コインデスクが報じる

chaifania

中国三大取引所のひとつであるOK coinが、取引手数料の変更をアナウンスしようとして、取りやめるような動きがあったことがわかった。

 

ライトコイン、SegWit対応が現実味

raitokoin

仮想通貨のスケーラビリティ問題のソリューションとなり得る技術SegWitがライトコインで実装される日は近いかもしれない。

 

ビットコインで家を買ったら、価格変動で格安に!?更に高級車まで

159

ちょっと変り種のニュースだが、先日カルフォルニア州のロサンゼルスで住宅を購入した人が思わぬラッキーを手にした。

 

マネーロンダリングにビットコインを利用、国内で送検へ

gnaiohauon

昨年の11月にビットコイン取引所のcoin checkに他人名義の口座を開設し、違法に取得したクレジットカードで約90万円分のビットコインを購入した電子計算機使用詐欺罪で逮捕されていた、藤井 亮太、海老原弘継の両容疑者が、マネーロンダリングの罪で追送検された。

 

中国の三大取引所が仮想通貨に取引手数料を導入。

chaifania

最近、中国では中銀である中国人民銀行による仮想通貨の規制がじわじわと強まってきているところだが、ついに三大大手の仮想通貨取引所において取引手数料が徴収されることとなった。