ニュース

みずほFG、ブロックチェーンのコンソーシアムに参加表明

国内メガバンクのみずほFGが、先日のMUFGに続き、ブロックチェーンコンソーシアムに参加表明した。

このコンソーシアムはNYを拠点とするR3CEVというスタートアップ企業が発起している。

このコンソーシアムは合計で25もの世界的金融機関が参加したことになり、ブロックチェーンを金融の様々な分野に活用する道を模索する動きが世界中で高まっていることを体現している。

国内のメガバンクに限らず、バークレイズやクレディ・スイス、UBSなどもブロックチェーンの研究を進めている。

仮想通貨の価値そのものに対してどの程度影響を及ぼすものか?は未知数だが、ブロックチェーンの有用性が高まることで一定の認知が得られれば仮想通貨へもプラスの影響となる可能性があるだろう。

関連記事

  1. RippleLabs、米国財務省の元財務次官補を採用

  2. OKコインが取引手数料の変更をキャンセル、コインデスクが報じる

  3. コインベースは機関投資家向けの新しいストレージサービス

  4. アメリカは暗号通貨時代を推し進めるのか

  5. マウントゴックス民事再生へ移行か

  6. トランプリスクがビットコインを押し上げる可能性

PAGE TOP