ニュース

RippleゲートウェイのMr.Ripple、ADAコイン取扱開始

日本国内でRippleの公式ゲートウェイを開業しているミスターリップル(Mr.Ripple)が、今注目を浴びているADAコインの取扱を開始した。

ADAの開発責任者であるチャールズ・ホスキンソン氏は「BitShares」の創設者、また「Ethereum」の元CEOとして仮想通貨界隈では著名人だ。

ADAコインはゲームプラットフォーム『カルダノ』の基軸通貨である。このカルダノは、世界初の暗号通貨連動のゲームプラットフォームであり、ゲーム内での不正防止に暗号通貨技術を使うというわけだ。

ビットコインなどのブロックチェーン技術をベースにした仮想通貨は、すべての取引を皆で確認して不正を防止しているが、このような仕組みをオンラインのゲームやカジノに活用するという考え方である。

また開発責任者のチャールズ・ホスキンソン氏(Charles Hoskinson)が手がけたBitSharesは現在仮想通貨時価総額ランキング7位、今年話題をさらっているEthereumは4位と、彼が手がけたコインはオープン後にレートが上がっていることから、今回のADAコインへの投資を検討する動きも活発な模様だ。

オンラインゲームもオンラインカジノも、コインの換金や移動などの不正が常に課題となっている。ADAコインを導入することで公平性が保たれるのであれば、企業側もユーザーにとってもメリットは計り知れない。

 

参考URL

https://mr-ripple.com/ada/77777777

関連記事

  1. 国内取引所不安定さ続く

  2. アメリカ国務省、ブロックチェーンフォーラム開催へ

  3. ベトナムではビットコインが禁止に

  4. 中国人民銀行がICO禁止について検討へ

  5. 銀行事業者となったitBitの目論見とは?

  6. 欧州中央銀行、仮想通貨を無視できない

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP