XRP価格の下落をどう見るか?

resses-460x280

こんにちは、篠田です。

仮想通貨の価格考察の続きです。最近はリップル(XRP)の価格が下げ続いていますね、これをどのように見ていくか?

チェーと分析も含め少し検証してみたいと思います。

キャプチャ

チャートにインジケータを追加してトレンドを見てみました。

このチャートを見ている時点(10月9日夕方)ではXRPJPY(XRPと円の組合せ)については0.6円で一旦下げ止まっています。

ただ、売り圧力もそれなりに強いのでこのまま下落すると0.5や0.3が見えてくる可能性があります。

チャート上では多少揉み合いになる様相もあります。

XRPを買っている人は、この辺りで買い増しする人もいるかもしれませんね。

 

ファンダメンタル的には、身分証の提出期限が10月30日になっていますが、英語圏以外のユーザーは英文の証明書を出すことが結構大変なようで、これが原因でXRPからBTC(ビットコイン)に移っていく数も少なくないようです。

また、海外では大手のゲートウェイであるSnapSwapがアメリカでの業務を停止したりしていることもマイナス要因として捉えられています。

こうしたことが重なってXRPの価格が下がっているように見えます。

 

ではこの先はどうなるか?

相場の世界では、未来のことは神のみぞ知る、予測は不要です。

もし買うのであれば、下げ止まりを確認してからでも良いと思いますし、これ以上の下落が怖い人は円に戻すなりビットコインに替えるなりする選択になるでしょう。

元本が保証される投資なんてありませんので、全ては自己責任!ですが、仮想通貨の未来や可能性は明るいと個人的には思っています。

ビットコイン長者の方々は、ビットコインが海の物とも山の物ともつかない頃から投資していたわけですから、仮想通貨への投資をどのように捉えるか?ということだと思います。