ニュース

Ripple、金融機関とブロックチェーンを繋ぐ技術を発表

ビットコインと双璧をなすXRPを発行しているRippleLabs(リップルラボ)は、金融機関のシステムとブロックチェーンを繋ぐ新しいプロトコルを発表した。

これによって複数の金融機関を行き来する資金の移動がより高速で安全になる可能性がある。

もともとリップルが目指しているのは、送金や決済の世界にインターネットの利点を取り入れ、手数料や時間の圧縮を行っていくことだった。

現状の金融機関や決済会社のシステムはそれぞれ独立しており、同じシステム内であれば送金スピードも手数料も抑えることが比較的できているものの、他のシステムに送金する場合は時間も手数料もかかってしまう。これはそれぞれのシステムが相互互換性に欠けていることも原因であった。

今回の発表はこうした問題を解決する手段の一つとして、各機関が持っている台帳(口座の状況を管理している記録簿のようなもの)をつなぐ規格(プロトコル)を用意したということだ。

Interledger Protocolと呼ばれるこの技術は、暗号技術によって台帳同士をつなぐものだ。インターレッジャー(Interledger)とは、Inter(相互)+Ledger(台帳)の意味である。

金融機関や決済会社を暗号技術で繋ぐことにより、より高速で安価な送金手段が生まれる可能性が出てきたことになる。

関連記事

  1. ビットコインが一時急落、恐慌状態に

  2. ソニーはブロックチェーンで特許

  3. R3が生保会社AIAをブロックチェーンコンソーシアムに追加

  4. 世界的大富豪が表明「全資産の1割は仮想通貨」

  5. タイ王国でICOの規則を進める

  6. アルトコインの暴落、中国当局が影響か

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP