ニュース

中国最大級の自動車部品メーカー、ブロックチェーンに投資

中国最大級の自動車部品メーカー、萬向グループは2つのイニシアチブを通じておよそ5000万ドル(約60億円)の投資を行っている模様だ。

話題のイーサリアム(Ethereum)のトークン『ETH』を50万ドル程度購入したことも明らかになっている。

同グループの投資は上記だけには留まらない。

非営利団体のブロックチェーンラボ(Blockchain Labs)やBitSharesは同グループの重役が取締役クラスに就いている。

ブロックチェーンラボはブロックチェーン技術の研究開発や普及啓蒙を行っているが、この団体に対して萬向グループは100万ドルから300万ドルの出資を目論んでいる。

萬向グループは、10月15日と16日に上海で関連イベントを開催する。国内外から広くゲストを迎え、中国国内での仮想通貨やブロックチェーン技術への普及啓蒙を進める。

関連記事

  1. ビットコインのトランザクション解析技術が人身売買抑制に

  2. ビットコイン取引所 247exchange、使い勝手が大幅に向上

  3. デジタルバンクのWB21がビットコインの受け入れを開始へ

  4. ブラジル中央銀行がブロックチェーン決済を試行

  5. サクソバンクが予想する、ビットコイン2000ドル時代

  6. イーサリアムでも決済へ

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP