ニュース

ビットコイン信用取引、米で規制下へ

米国先物商品取引委員会(CFTC)は、ビットコインをコモディティとして認識しているようだ。

これにより、米国内ではビットコインやその他の仮想通貨を利用した信用取引はCFTCの規制下に置かれる可能性が増大した。

米企業のCoinflip社がビットコインのオプション取引を提供していたことに対し、CFTCに登録をしていなかったことで業務停止命令を通達したことが発端となり、ビットコインなどの仮想通貨をコモディティとして認識する動きが明るみに出てきた。

CFTCの認識は、商品取引法とCFTCライセンスを取得したうえで仮想通貨を取り扱うべき、というもので仮想通貨をデリバティブ取引とみなしている。

日本国内では仮想通貨は「価値のある電磁記録」とし、お金やモノという定義付けにはなっていない。今後、アメリカを始めとした欧米諸国の動向によっては日本での法規制にも動きが出てくる可能性がある。

関連記事

  1. フィリピン政府がビットコインの規制を検討か

  2. チリのビットコイン取引所、ビットコインでの寄付受付開始

  3. ビットコイン価格、200ドルを試す展開に

  4. チリ共和国がR3へ参加

  5. 新認証システム

  6. IMF「暗号通貨は無視できない存在になってきている」

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP