ニュース

Ripple、既存ユーザーの身分証提出を促進

ユーザーに対して身分証提出を求め、その期限を10月30日としているRippleだが、身分証の提出とユーザーの継続利用を促進するため、提出完了者へXRPのボーナスを始めた。

Rippleの身分証提出はユーザーにとって驚きであり、また面倒な手続きと捉えられがちなのか、提出と認証があまり進んでいない模様だ。

このような状況の中で当初8月30日が提出期限だったが、現在は10月30日に変更され、提出期限に猶予ができている。

さらにユーザーの身分証提出を促すため、Rippleは身分証提出を完了させたユーザーに対して500XRPのボーナスを与える施策を講じている。

Rippleへの身分証提出は公的な証明書が必要で、さらに住所確認書類の提出も求められるケースが多い。

IRBA公認のRippleGatewayでも提出の方法を解説しているが、一度提出しても「証明情報不足」となり追加の証明を求められるケースが多発しているようだ。

英語での公的証明が可能なパスポート等は受理されやすいようなので、Rippleユーザーはこの辺りを意識して身分証提出をクリアすることでボーナスXRPを受け取ることができるだろう。

関連記事

  1. 富士通がブロックチェーン技術を試行

  2. スウェーデン政府、2018年にも法定電子通貨の発行判断

  3. 中国情勢に変化か

  4. フィンランドでブロックチェーンセミナーが開催される

  5. スイスではビットコインで納税が可能に

  6. 韓国ICO禁止

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP