ニュース

ビットコイン取引所大手、相次いでNY州から転出

ビットコインの大手取引所であるKrakenとBitfinexは、ニューヨーク州で8月10日から発効となるビットコイン関連条例を嫌って同州から移転した模様だ。

大手2社がニューヨーク州から撤退することで、今後のビットコイン関連企業や行政側が施行する規制のあり方に影響を与える可能性がある。

Bitfinexは香港が拠点の大手ビットコイン取引所だが、今回の件で、「ニューヨーク州に在住の弊社サービス利用者は8月15日までに全ての仮想通貨を出金されることをお勧めします。」とリリース発表している。

さらに、ニューヨーク州のBitfinexユーザーは既にコインの交換やマージントレードなども行えなくなっているようだ。

サンフランシスコが拠点のKrakenはブログで『さらばニューヨーク』というタイトルで以下のように述べている。「ニューヨーク州法からのユーザー保護が有効であると判断し、我々はニューヨーク州のユーザーに対してサービスを提供することを停止することとします。ニューヨーク州在住の弊社ユーザーの皆様、我々の素晴らしいサービスを引き続きご利用頂くために、州のボーダーを越えることをお勧めします。」

ビットコイン取引所の最大手であるこの2社が、ニューヨーク州が定めたBitLicenseに対してこのような決断をしたことが、今後どのように業界へ影響を及ぼすのか注視すべきかもしれない。

関連記事

  1. スイスの金融当局がICOの調査へ

  2. マレーシアの暗号通貨の規制進む

  3. CAMPFIRE、ビットコインでの資金集めが可能に

  4. apple、仮想通貨アプリの制限を強化

  5. CoinCheckが出来高報酬を付与

  6. 米小売大手ウォルマート、ブロックチェーンで配送管理

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP