ニュース

シンガポール、金融当局がFinTech分野の研究に巨額の出資を決定

シンガポールの金融当局である金融管理局は、国内にFinTech企業を創出・誘致することを推奨していくようだ。

この分野への研究や投資を目的とし、5年間で2億2500万ドルの資金を充てることを発表している。

同局のマネージング・ディレクターを務めるRavi Menon氏は、「ビットコインやブロックチェーンが世界金融の中心に来る可能性を注視している。もしそうなれば中央銀行もデジタル通貨を発行することになりうる。」と語っている。

2億ドルを超える出資はシンガポールの金融セクターを発展させるためのものであり、コンプライアンス関連の費用縮小や各種モニタリングの自動化、そして金融テクノロジ分野のスタートアップを後押しすることに投じられる。

同氏は、「イノベーションは常にハイテクばかりとは限らない。それはより効果的なプロセスや新しいビジネスモデルを創出し、それによって成長率が上がり、仕事を豊かにし、消費者に優れたサービスを提供できるものであるべきだ。」と締めくくった。

関連記事

  1. ビットコインダイヤモンド

  2. UBSとサンタンデール銀行、ブロックチェーンについて協議

  3. Ripple社に追い風!強力な取締役も!

  4. モルガン・スタンレーのマイニング予測

  5. R3コンソーシアムに参加続々、日本のトヨタファイナンシャル、ブラジルの…

  6. MR.Rippleカスタマーサポート一時停止

PAGE TOP