ニュース

CoinCheckは未だ認可降りず

こんにちはコインの森の管理人です。

日本では11の業者が金融庁から正式な取引所として認可を受けました。しかし申請数でいえば50社を超えていたはずですのでその他の約40の取引所はどうなってしまうのでしょうか。関係者に取材ができました。また、「ビットコイン取引高が日本一」であると謳っており社員数71名もいる「CoinCheck」もまだ正式に許認可が降りていないのはなぜでしょう。CoinCheckはZaifなどに比べればサーバーも強くしっかりとそたイメージもありますが…。

【概要】
コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck,inc.)
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
資本金 9,200万円
代表取締役 和田晃一良

⇒ 概要の詳細はこちら

許認可を実際に申請した業者さんに取材が出来ました。担当者の方によると…

① 十分な資金があるか

会社の資金はもちろんのこと、代表者の個人資産や株主構成は細かくチェックされているようです。金融事業に従事するなら当然ですね。

② 資金の流れ

上記のように十分な資金があったとしてもその資金の流れまで見られているようです。特に、仮想通貨で利益を上げてその資金で取引所を作っているようなところも多く、その利益の形状に仕方や誰の利益なのかという点など細かく突っ込まれているようです。

③ 過去の取引記録

既に取引所行為をしていたところが多いわけですが、その時の記録を全て提出する必要があるようでマネーロンダリング行為や不正行為、反社会勢力との関係がないかなどもかなり細かく見られているようです。ここに該当して許認可がおりてないところもあるようです。

やはり金融事業というのは厳しくあるべきです。顧客の大事な資産を直接とりあつかうわけですから金融庁の慎重な姿勢は投資家保護に直結しますね。許認可業者の第二弾の発表に注目ですね。

関連記事

  1. 国内初、34社からなるブロックチェーン業界団体「BCCC」が発足

  2. 【重要】Rippleウォレットの新規登録について

  3. またもやチャイナリスク、ビットコイン一時八万円台まで下落

  4. ジブラルタル証券取引所がビットコインETIの取引を開始

  5. 国内取引所BTCBOXが資金調達を実施

  6. フィンランドでブロックチェーンセミナーが開催される

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP