ニュース

IBMは合法大麻の管理にブロックチェーンを

IBMは大麻の合法的な流通の管理のためにブロックチェーン技術が有効だとしている。

カナダの太平洋に面した最西部に位置するブリティッシュコロンビア州とIBMのやり取りの中で「合法的な大麻の流通」に関して種から販売に至るまでの全ての管理をブロックチェーン技術で行うことが昇ましいとしている。カナダのブリティッシュコロンビア州では来年の夏ごろには非医療用大麻を合法化する計画があるが、その賛否についても政府関係者の課題となっている。IBMの提唱するようにブロックチェーンで管理することで否定派を抑えることが可能化もしれない。

どこで作られ、どこを流通されてユーザーにたどり着いた大麻なのかということが明確にわかれば不法行為を排除することも出来る。これらは、飲食業界や製薬業界も同様の管理が必要でありそもそも難しいものではないとのことだ。

このように管理さえしっかりとできれば「もっと融通を聞かせても良い」というような業界やサービスが他にも存在すると思われる。しかしその分個人の責任に帰依することも多くなることから賛否はあるだろうが、かつてビットコインが目指した「中央集権」からの分離はブロックチェーンがやはり実現してくれるのかもしれない。

関連記事

  1. ゴールドマンサックスの見解

  2. ジブラルタル証券取引所がビットコインETIの取引を開始

  3. モナコインがSegWit導入可決、仮想通貨初の快挙

  4. ベトナムでビットコインでの支払いを認める兆し  

  5. アメリカ司法省、仮想通貨関連の会議を開催

  6. ランサムウェアのCerberがビットコインウォレットを狙う!

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP