ニュース

オーストラリアはブロックチェーンをも規制する?

仮想通貨業界はビットコインが80万円を超え、大躍進を見せる中、多くの国や自治体、企業のトップなどがそのリスクに関して警告をしている。先日コインの森でも取り上げたように日本の金融庁もICOという仮想通貨を使った資金調達手法について警告した。またアメリカの大手投資銀行であるJPモルガンの元CEOはビットコインは詐欺だと言い放った。

しかしながら、ブロックチェーン技術に関してはどの国もどの団体も前向きな考えであり、例え一部否定的な意見を持っていたとしてもブロックチェーン技術に関する開発は日々世界的に行われている。それは「ブロックチェーン」というものに対して信用があるという事であり、多くの人が批判しているのはそれを利用する裏の人間に対してだろう。

今回オーストラリア中央銀行では「管理を分散させる」ということが特徴であるこの管理方法に関して一定の規制が必要だという見解を示した。もともとは新たな規制は不要だとも言っていたが分散化する中で機能しているとは言い難いプロトコルに関しては管理の難易度を上げるだけだという考えのようだ。

規制をしないとブロックチェーンでの管理プラットフォーム等が乱立していってしまい、それが新たな不正を生むのではないかという考えもある。乱立プラットフォームはまとめる必要がありその役割を国が行うというのであれば急務な要件になりうる。

関連記事

  1. ブロックチェーン技術のため、ソニーがIBMと提携

  2. ビットコインはアフリカではまだ指数関数的に成長が見込める

  3. Megaupload の創設者がビットコインサービスを新たに発表

  4. ビットコインの取引所50社がライセンス申請

  5. ドイツの金融監督庁がOneCoinの決済口座を凍結

  6. 国内取引所BTCBOXが資金調達を実施

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP