ニュース

シンガポール中央銀行が新しいペイメントサービス

シンガポールといえば暗号通貨関連企業の銀行口座を急に閉鎖させ、関連事業者は政府へ対応を訴えていた。やはりICOなどの仮想通貨関連のリスクの部分の管理に危機感を持っていたようだ。

しかしながらシンガポール中央銀行はブロックチェーン技術において新たなアプリケーションを明かした。シンガポール金融管理局が明らかにしたのはシンガポール銀行協会とともに開始されたプロジェクトである「Project Ubin」の次のステップについてだ。それはシンガポールドルのトークン化された分散型のプロトタイプだ。最も重要視しているのはトランザクションにおけるプライバシーだ。

各国ともICOや証拠金取引については投資家保護の観点から禁止する傾向があるが、ブロックチェーン技術の導入に関しては先手を取りたいようだ。

関連記事

  1. 国内取引所Coincheck、Androidアプリをリリース

  2. ロシア、ビットコインに対する姿勢が軟化傾向

  3. BitOasis、中東でビットコイン事業を立ち上げ

  4. 中国の前頭取「ビットコインは潰せない」

  5. ビットコイン、半減期に向け急騰

  6. スイスの大学がビットコインを導入

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP