ニュース

ロシア債券取引にブロックチェーンを導入か

ロシアで最も大きい証券取引所のNSDではブロックチェーンコンソーシアムのソフトウェアの上に構築された新しい債券取引プラットフォームを試行しているようだ。

ロシアと言えば先日取引所へのアクセスを遮断するという強い規制が報じられたが、投資家への保護を目的としている反面にブロックチェーン技術に関しては積極的に導入しているようだ。

このNSDの最終的な目標はすべての金融商品を運営するためのブロックチェーンインフラを構築することである。これによってよりスマートにすべての契約が行われ、より多くの種類の金融商品やサービスを提供することができるようになる。

今度は、一人当たりのデジタル資産が急激に増えていくと予測される中、どのようにすればデジタル資産を守ることができるのか、より安全にデジタル資産を管理する事は世界中での課題になっている。

関連記事

  1. フィンランドでブロックチェーンセミナーが開催される

  2. ついに国内で公共料金ビットコイン払いが可能に

  3. フィリピン政府がビットコインの規制を検討か

  4. ビットコインが再度急上昇

  5. 子供へのお小遣いもデジタル通貨がメジャーに?

  6. BancorがICOでbrave超えの前人未到、1億ドル以上の調達に成…

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP