ニュース

ロシア債券取引にブロックチェーンを導入か

ロシアで最も大きい証券取引所のNSDではブロックチェーンコンソーシアムのソフトウェアの上に構築された新しい債券取引プラットフォームを試行しているようだ。

ロシアと言えば先日取引所へのアクセスを遮断するという強い規制が報じられたが、投資家への保護を目的としている反面にブロックチェーン技術に関しては積極的に導入しているようだ。

このNSDの最終的な目標はすべての金融商品を運営するためのブロックチェーンインフラを構築することである。これによってよりスマートにすべての契約が行われ、より多くの種類の金融商品やサービスを提供することができるようになる。

今度は、一人当たりのデジタル資産が急激に増えていくと予測される中、どのようにすればデジタル資産を守ることができるのか、より安全にデジタル資産を管理する事は世界中での課題になっている。

関連記事

  1. 【速報】中国で暗号通貨取引所が閉鎖か

  2. Ripple取引所Mr.Ripple、新システムで新規登録が可能に

  3. シンガポールの当局関係者の見る先が凄い

  4. Ripple、2800万ドルの資金調達を実施

  5. ウィンクルボス兄弟、有限信託会社を設立か

  6. トランプ氏の当選でビットコインが高騰

PAGE TOP