コラム

コインやICOは有価証券となるべきか

こんにちは、コインの森の管理人です。

暗号通貨業界は日々前進し、また世界中で規制が整備されていっています。今後暗号通貨の規制が進んだのち暗号通貨がどうあってほしいかというのは、立場によって変わってきそうです。

数年前にまだXRPが1円以下で、私が買いつけていたころは当然XRPとは有価証券ではなかったわけで、売る側も買う側もそれは「物販」のようなものであった。金融庁の規制がされるまではそのような状態は続くわけで、規制がまだされていない国では「暗号化された何か」は何物でもなく、また各国はこの現象を受け入れるのにさぞかし大変であっただろう。

しかし一部のICO関係者は規制が進むことに難色を示しています。それは現存する法規制等に準じてしまえばその新たな可能性が半減すると考えているからです。それは投資家へのリターンにも同じように影響してしまいます。ただし、責任の逃れたいというあまり誠実ではない運営者もまた同様に考えていることからトラブルも起こっています。

「中央集権にとらわれない」という理想の実現には悪徳な事業者を排除することは難しいです。

関連記事

  1. 中国政府の思惑

  2. イギリスの警察がビットコインを差し押さえ?

  3. 資金調達方法が経済のポイント

  4. BitPoint韓国市場をカバー

  5. Bitfinex と QUOINE がパートナー契約

  6. リップルトレードジャパン元代表を逮捕か

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP