ニュース

マレーシアの暗号通貨の規制進む

マレーシアの中央銀行であるマレーシア国立銀行は年内に暗号通貨業界における違反の規定を明確にする草案を決定していくようだ。

暗号通貨業界の規制に関してはネガティブな国が多い中、マレーシアはどちらかと言えばポジティブであり、あくまで「テロ資金対策」や「マネーロンダリング対策」のための規制強化を行った上で暗号通貨の躍進を推奨していくというスタンスのようだ。

現時点ではまだどのような規制を設けていくかなどの詳細は不明であるが、ICOについては一度警告を発表しているだけにその対処に注目が集まる。

各国、暗号通貨業界と上手く付き合っていきたいとはおもうのだが、業界が専門的すぎるのかもしれない。『暗号通貨特区』などを設けて国の経済成長につなげようなどという国が現れそうなものだが未だその気配は見られない。

関連記事

  1. 仮想通貨関連法案FAQ

  2. ビットコイン急騰、一時12万円を突破

  3. チリのビットコイン取引所、ビットコインでの寄付受付開始

  4. スイスの大学がビットコインを導入

  5. 次世代銀行「smartBANK」

  6. DAOがハッキングされ、イーサリアムの価値が暴落。

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP