ニュース

ガンホー会長がICOに言及

世界中で暗号通貨の注目度が日に日に高まっている。著名人がICOや仮想通貨のクレジットカードに言及したり暗号通貨業界にポジティブな発言から、JPモルガンCEOが「詐欺」だと言い放ったようにネガティブなものもある。

多くの実業家はポジティブサイドな印象があるが、今回はスマホゲームアプリ「パズドラ」で有名なガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の創設者として有名な孫正義氏の弟の孫である孫泰蔵氏がICO等について意見を述べた。

⇒ ガンホー 会社概要

 

孫氏はICOが今後の新興企業にとって重要な資金調達方法の一つになると発言した。一流の実業家である孫氏ほどの人物の発言は他方で注目されるだろう。

日本政府ではビットコインやICOを禁止にするような動きは見られないが、税収についてはその位置づけを雑所得として明確にした。しかし日本政府としては「よくわからないものは雑所得」とするのでまだ政府もそのすべてを把握して分類分けするに至っていないということだ。

是非日本政府には、この金融改革をうまく利用して日本経済の成長につなげてほしいものだ。

 

関連記事

  1. ビットコイン専業銀行、2016年に開業?

  2. 中国のビットコインスタートアップBTC123がいくつかのサービスを停止…

  3. スウェーデン政府、2018年にも法定電子通貨の発行判断

  4. BTCChinaで仮想通貨トレードツールがサービス開始

  5. マイアミで仮想通貨判決無罪が下る

  6. NTTがブロックチェーン技術を採用

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP