ニュース

中国の取引所が10月末までに取引停止

中国はICOや取引所の停止を含む強い仮想通貨業界の規制を立て続けに発表している。

中国政府としてはもともと元をドルや円などにExchangeできる総量を規制している。それに反発したことで中国国民はビットコインへと資産を流した。しかし中国政府としてはこれを容認するわけにはならない。そこで取引所の停止やICO規制に乗り出たわけだ。

BTCC、ViaBTC、Yunbiのように、既に今月初めに国内規制の当局からの発表を受け、取引所の閉鎖を発表している企業もいる。

これらに加えて、さらにHuobiとOKCoinも10月末までに元での取引を停止すると発表した。

中国の動きを見る限り中国政府が運営する仮想通貨の取引所ができてもおかしくないような動きだ。中国ほどの情報規制をよしとするのであれば政府直営の仮想通貨取引所があってもおかしくはないだろう。しかしそれが中国国民が求めている暗号通貨のあり方であるかどうかがポイントになってくる。今後の中国政府の動きも注目しなければならない。

 

<< 関連記事 >>

・中国、ICO禁止へ‼

・中国人民銀行がICO禁止について検討へ

・中国の暗号通貨詐欺、47,000人被害か?

 

↓ ↓ ↓ コインの森・公式インスタ ↓ ↓ ↓

スクリーンショット-2017-06-19-14.59.02

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. ヘッジファンドNumeraiがUSVなどから資金を調達

  2. ブロックチェーンハブ「COSMOS」が発表される

  3. ビットコインETF承認されず、大幅下落も

  4. インド政府がビットコインを投機として認めない?

  5. ロシアが独自通貨発行へ

  6. BTCChinaで仮想通貨トレードツールがサービス開始

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP