ニュース

インドで住民の情報をブロックチェーンで管理

ブロックチェーン技術の躍進は止まらない。

今回ブロックチェーンを採用したのはインドのアンドラ・プラデシュ州だ。

インドのアンドラ・プラデシュ州では住民の個人情報の保護を強固なものにし、さらに管理しやすくするためにブロックチェーン技術を取り入れたようだ。

インドと言えば、暗号通貨の販売が規制されている。そんなインドがなぜブロックチェーン技術は採用したのか。

これは矛盾ではないか、という声もネット上の暗号通貨ユーザーからは上がっている。

 

インドは世界的に視ても人口の多い国である、そのなかでアンドラ・プラデシュ州は一番大きい州でありその人口は5000万人だという。5000万人も人口がいればその管理は容易なものではなかっただろう、そこで自由経済行動は規制したもののその技術には目を付け採用したのだろう。

 

当サイト「コインの森」では何度も言っているが、暗号通貨規制国もただ単純に規制するのが目的ではなく管理するのが目的であると考えている。

よって管理するルールをしっかり作ったのちには規制緩和に踏み切るのではないかと思われる。

 

 

<< 関連記事 >>

・インド政府がビットコインを投機として認めない?

・アメリカ政府がブロックチェーンの技術者を募集か?

・ブロックチェーン技術、食品にも適用へ

・フィンランドがブロックチェーンで難民問題に挑む

 

↓ ↓ ↓ コインの森・公式インスタ ↓ ↓ ↓

スクリーンショット-2017-06-19-14.59.02

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. リップル社、シリーズBラウンドで新たに約56億円の資金を調達

  2. マスターカードがブロック遅延によってシェア拡大

  3. DJキャレドがICOを推進

  4. ビットコインの取引所50社がライセンス申請

  5. FX証券会社がビットコインを使ったキャンペーン開催

  6. シンガポール仮想通貨業者に壁

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP