ニュース

ヨーロッパ以外でビットコインデビットカードのサービスを停止

ビットコインの支払いが増える中、

デビットカードの提供をヨーロッパ居住者以外に提供を停止することを発表した。

 

10月15日付でビットコインデビットカードを発行していたXapo、Shakepay 、BTCC、Bitwala がヨーロッパ居住者以外へのビットコインデビットカードの発行を停止するようだ。

 

この原因は、大手クレジットカード会社であるVISAが、開設時の本人確認の基準をより厳しくした事が影響しているようだ。

 

ヨーロッパは仮想通貨業界に寛容であり、多くのユーザーがこれを金銭の代わりとして使用している。そのためか、多くの店舗がビットコインの支払いを可能にしている。

 

一方、このヨーロッパ以外のユーザーはどうであろうか。このビットコインを含む仮想通貨はマネーロンダリングとして使われしまう面もある。それを危惧して、今回のヨーロッパ居住者以外へのサービス停止に踏み切ったという見方もある。

 

昨今、ビットコインの支払いを可能にしている店舗はヨーロッパだけに留まらず、日本を始め多数の国が可能になってきている。ビットコインの価格の急騰が止まったとはいえ、未だこの仮想通貨を持つ者は多い。そのため、このサービス停止で困るも者が多数現れるかもしれない。

マネーロンダリングとしても利用されることが多い仮想通貨であるが、それを危惧してこのような規制に入ることが果たして吉と出るか凶と出るか見物である。

 

 

<< 関連記事 >>

・VISAカードが仮想通貨の普及を促進させる

・ビットコイン対応デビットカード

・近日公開?仮想通貨対応のデビットカード‼

・EU議会が仮想通貨を匿名禁止にする改正案

 

↓ ↓ ↓ コインの森・公式インスタ ↓ ↓ ↓

スクリーンショット-2017-06-19-14.59.02

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. ニューヨーク大学の学生がブロックチェーンを用いた投票システムを開発

  2. チリ共和国がR3へ参加

  3. Robocoin社、世界最安の送金サービス開始

  4. 「WannaCry」の首謀者が奪った身代金遂に引き出された

  5. ビットコイン、通貨として認定される

  6. URSNIFがビットコインを狙う

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP