ニュース

テキサス州、ハリケーン直撃でビットコイン寄付

ハリケーン「ハービー」が直撃したテキサス州南部のポート・アランサスに対し、FMラジオを通して仮想通貨やビットコイン関連情報を発信しているThe Crypto Showが、

ビットコインで募った寄付を使い支援物資を届けたことが分かった。

ハリケーン「ハービー」は先週、テキサス州に上陸し猛威を振るった。その被害により、29日現在も依然として、3万人が緊急避難をしており、45万人が政府の支援を必要としている。さらにこのハリケーンは、熱帯低気圧に変わり、雨が降り続く恐れがある。そのため、これからも洪水などによる被害が拡大する可能性もあるようだ。

ラジオDJを務めるダニー氏は、今回の寄付をもとにハリケーン避難者に、食料、水、タオルなどの支援物資バンに詰め、ポート・アランサスに向かったという。

今回募金を行ったThe Crypto showは、Unsung.orgという慈善団体を運営しており、アメリカのホームレス向けにビットコインとダッシュで寄付を募り、衣服や食料を提供していたこともある。

我々日本人にとって、ハリケーンというものは、あまり身近なものではない。日本は台風の被害に遭うことは多いが、ハリケーンの被害は、その比ではない。被害規模としては大地震と似たような甚大な被害と考える方が良いであろう。

そのように考えると、今回の募金がどれだけ助かるものであるかは、想像に難くない。

ビットコインは、決済が出来る店舗が多くなってきているが、その実、投機の面が多く見られている。しかしながら、このような使い方も出来るというのを、多くの方に知っていただけたら嬉しい。

 

<< 関連記事 >>

・ウィキリークスへの寄付が4000BTC(約3億6000万円)に到達

・コインチェックがイタリア地震の被災者にビットコインでの寄付を募集しています

・チリのビットコイン取引所、ビットコインでの寄付受付開始

・英国Barclays、ビットコインでの寄付受付を開始

 

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. 国内取引所coincheck、成行注文のAPIを公開

  2. ビットコイン価格急落、300ドルを試す展開か

  3. カナダ中央銀行、仮想通貨開発へ

  4. 国内初、大規模な仮想通貨ファレンス 7月6日に開催

  5. ビットコインのATMの設置増加

  6. ロシアの金融企業などで民間のブロックチェーンコンソーシアム立ち上げ

PAGE TOP