ニュース

インド政府がビットコインを投機として認めない?

インド政府は、ブロックチェーンと仮想通貨の規制環境を研究している。

しかし、ビットコインの認識と使用については、ユーザーと政府に齟齬が生じているようだ。  

Bitxoxoは、インドで急速に成長しているビットコイン取引所である。

同社のプレスリリースでは、毎月1万人から2万人のユーザーを一貫して追加していると発表をしていた。これが噂に噂を呼んだのか、現在もユーザー数が増加し、10万人のユーザーを獲得しているようだ。

その一方で、今年に入りインド政府が、ビットコインの使用を控えるようにと勧告をしている。また、仮想通貨関連の規制に関する提案も起草されている。インド政府としては、仮想通貨を投機として扱うことに好意的な面を見せていないのが特徴である。

 

このようにインドでは、ユーザーが多く増えている。そのユーザーの多くは、他の国々のユーザーと同じく投機として使用する面が殆どであろう。しかしながら、インド政府としてはこれを好ましく思っていないという二分化が起きているのだ。

インドと言えば、カースト制度が有名であり、それによって貧富の差も歴然である。その一方でインド式の計算術など、学問に秀でている部分もあり、技術職の伸びが甚だしいという国でもある。技術が促進し、暗号通貨事情もインド国内に高まっていたのであろう。その時に、富裕層が投機に目を付けるのは自然のことだ。このインドの富裕層と、インド政府の暗号通貨に対する見方をどう摺り寄せていくのであろうか。

 

<< 関連記事 >>

・エジプト・フィリピンでも仮想通貨取引所が新たに開設

・仮想通貨のアジアでの可能性

・RippleLabsのアジア太平洋地域での取り組み

 

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. ビットコインキャッシュプラス

  2. ビットコイン、通貨として認定される

  3. フィリピン政府がビットコインの規制を検討か

  4. RippleゲートウェイのMr.Ripple、手数料を改定

  5. IMF「暗号通貨は無視できない存在になってきている」

  6. R3が生保会社AIAをブロックチェーンコンソーシアムに追加

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP