ニュース

【号外‼】ミサイル日本領土上空通過、北朝鮮の脅威と暗号通貨

こんにちは、コインの森の管理人です。

今朝、北朝鮮がミサイルを打ち、なんとそれが日本の国土の上空を通過するというなんとも恐ろしい事態となりました。

北朝鮮の国際ルールを逸脱した威嚇行為は今に始まったことではないですが、その対処をアメリカに任せていたツケが溜まりにたまってきたというわけです。

またアメリカもトランプ政権に変わり、日本はより自国の安全を自国で守る必要が出てきています。

先日、国連での経済制裁の決議が行われ、また執行されていますが、実体としては北朝鮮と裏で取引を行っている国は多々あるようです。

しかし資金の流れが明確になれば、北朝鮮と取引をしているのがすぐにバレてしまいます。

そこで登場するのが暗号通貨です。

過去にも当サイト、コインの森でも北朝鮮暗号通貨について報じてきました。

【北朝鮮、関連記事】

⇒ 北朝鮮のサイバー攻撃が猛威を振るう

⇒ 北朝鮮がビットコインに参入か?

暗号通貨がテロ資金になるのでは?という議論はまだまだ解決してはいませんが、同じように北朝鮮が他国との裏取引で暗号通貨を取り入れれば、北朝鮮としては国連の経済生成の影響を少なくすることができるわけです。そうならないように取り締まる必要があるわけですが、まだまだ各国とも暗号通貨の規制についてその専門性故にスピードが遅くなっているので、今後も北朝鮮の資金源を完全に封じることは難しいと考えられます。

戦争を知らない世代である我々は決して戦争を煽るような選択や発言は控えなければなりません。

しかし、ただただ無抵抗で攻撃されてしまっては、本末転倒です。

戦後70年、まだたった70年です。便利な世の中は、平和という土台の上にあるべきですね。

Print

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. ウィキペディアの創設者が警告

  2. トランプ氏の当選でビットコインが高騰

  3. 富士通がブロックチェーン技術を試行

  4. 三菱東京UFJの仮想通貨「MUFGコイン」来秋公開へ

  5. Ripple、ウォレットのユーザーへ身分証提示を義務付け

  6. URSNIFがビットコインを狙う

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP