ニュース

Bitfinexがアメリカ向けサービスを終了

ICO規制の余波を受けたのか、香港を本拠地とする大手仮想通貨取引所であるBitfinexが、アメリカでのサービスを11月に停止すると発表した。

 

Bitfinexは、アメリカで顧客の入出金に使用するために、銀行口座の開設を試みたが拒否された。そのため、撤退という形を取る他なかったようだ。アメリカ政府の仮想通貨業界全体に対する監視の目が厳しくなっていることが背景となっているようだ。

先月、アメリカの証券取引所委員会は1933年証券法のもと、イーサリアム上で発行されたトークンDAOであるThe DAOを証券であると位置づけたリポートを発表。The DAOはイーサリアムのブロックチェーン上でDAOトークンを投資家に販売し、その基金を元に投資家の投票により投資先を決めるスマートコントラクト・アプリケーションというものである。

同委員会は、こうしたThe DAOの投資スキームが有価証券に当たると考え、投資家保護のため監視を強化、現在も捜査を行っている。この影響からBitfinexはイーサリアムのERC20プロトコルで発行されたICOトークンの取引をアメリカ人に対し8月16日付で停止していた。

今月初め頃に、Bitfinexがワシントン州での取引を停止したという話があったが、まさかアメリカ国内全体でのサービスを停止することになった。

アメリカは仮想通貨投資家が多くいるが、政府自体が保守的な姿勢を見せている。先日、ビットフライヤーがアメリカに展開するという旨のニュースをお伝えしたが、大手であるBitfinexは、真逆の措置を取ったようだ。

とはいえ、この仮想通貨はアメリカだけが主戦場というわけではない。中国や欧州、その中でもロシアは特に積極的な姿勢を見せていると言えよう。

今後、他国が積極的な姿勢を見せる中で、アメリカがこの姿勢を崩すか、この国の投資家達がどう動くのであろうか。

 

<< 関連記事 >>

・ビットフライヤーがアメリカへ展開か?

・アメリカ、モンタナ州がビットコイン採掘に助成金

・アメリカ司法省、仮想通貨関連の会議を開催

・ニューハンプシャーがビットコインを規制緩和、下院法案、可決

・ネバダ州でブロックチェーンが非課税に。公的能力も認める

関連記事

  1. ビットコインのトランザクション解析技術が人身売買抑制に

  2. ロシアの金融企業などで民間のブロックチェーンコンソーシアム立ち上げ

  3. VISAカードが仮想通貨の普及を促進させる

  4. 【号外‼】ミサイル日本領土上空通過、北朝鮮の脅威と暗号通貨

  5. AsicBoostの脆弱性を利用した不正マイニングが発覚

  6. ビットコイン信用取引、米で規制下へ

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP