ニュース

50万ドル被害?仮想通貨プラットフォームEnigmaにハッキング

今回ハッキングされたのは、仮想通貨の投資家向けプラットフォームであるEnigmaだ。ハッカーによって騙されてしまい、投資家達から引き出されてしまった仮想通貨は、約50万ドルにのぼるという。

 

数日前より、分散型仮想通貨マーケットプレイスのEnigmaは、ICOであるトークンセールに備えていた。このトークンセールは、多くのユーザーに対して、イーサリアムを使って仮想通貨関連のプロジェクトや製品に投資する機会を提供するものだ。

しかし、米国時間8月21日、Enigmaは、変わった様子のメッセージをユーザーに送信し、一部のEnigmaアカウントが攻撃を受けたため、いかなるETHも、いかなるウォレットアドレスにも送金しないよう求めたのだ。同時に警告が送信され、正式なICOに先立って一部のユーザーがトークンのプレセールに関するメールを受け取った。

それにより、何人かの投資家は、ハッカーが管理している暗号通貨のウォレットアドレスに送金してしまったとのこと。

Enigmaによると、企業の資金やウォレットアドレスは盗まれておらず、ユーザーアカウント情報も安全な状態のままだという。

資金が繰り返し引き出されている不正なウォレットアドレスは、最大50万ドルのETHが盗まれたとみられる。

Enigmaによると、enigma.coドメインがハッキングされたほか、Slackの管理者アカウントとメーリングリストも被害に遭ったという。そのためハッカーは、本物のEnigmaメールアドレスからフィッシングメールを送信することができたようだ。

このような被害が後を絶たない。仮想通貨はとても便利なものである。しかしながら、このような危険性が多いという事実を忘れてはならない。

再三、このニュースでもハッキングによる被害をお伝えしてきているが、やはりなくならないもののようだ。今回は、フィッシングメールによる被害であった。これは、自分のPCのセキュリティを万全にしているからと言って、防げたかと言えばそうでもない。PCではなく、それらしいメールを見抜くことが出来る己の審美眼がモノを言うものであった。

美味しい話は、裏があると思ってよく考える方が良いのかもしれないが、一瞬のチャンスを逃さないように努めている投資家からすれば、難しい話なのかもしれない。

 

 

<< 関連記事 >>

・DAOがハッキングされ、イーサリアムの価値が暴落

・ランサムウェアのCerberがビットコインウォレットを狙う!

・URSNIFがビットコインを狙う

・「WannaCry」の首謀者が奪った身代金遂に引き出された

・あなたのPCは大丈夫?勝手にマイニングを行うマルウェア

関連記事

  1. ビットコイン取引所大手、相次いでNY州から転出

  2. ビットコイン対応デビットカード

  3. 英国中央銀行がブロックチェーンをテスト

  4. リップルのCEOが交代、ラーセン氏からガーリンハウス氏へ

  5. ボリビアでビットコインを利用した投資詐欺、逮捕者60名

  6. 新宿マルイ アネックスが仮想通貨ビットコイン決済導入

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP