ニュース

AMDがマイニング特化のGPU発表

 グラフィックス・カードメーカーのAMDが、暗号化のマイニングに特化した新しいソフトウェアを発表したようだ。

同社のウェブサイトで詳しく述べられているのだが、Radeon Software Crimson ReLive Edition Beta for Blockchain Computeは、マイニングに使用されるGPUのパフォーマンスを改善した新しいトークンである。

AMDのリリースは、ethereumブロックチェーンのネイティブ通貨であるetherなどのcryptocurrenciesの市場での価格上昇により、GPUの需要が高まっている中で行われる。

コンピュータがハードウェアコンポーネントと通信できるようにするソフトウェアであるドライバのリリースは、AMDが少なくとも短期間にマイナーを守ることを望んでいるということなのだろう。

AMDはドライバをベータ版として公開しており、今後のアップデート、アップグレード、バグ修正はサポートされないとしているようだ。 マイナーにとってGPUの発達促進が重要なのは、今さら言及するべき点ではないのかもしれない。

多くの企業、富豪と呼ばれる人間がマイナーとして活躍を見せる中、この発表がどれだけマイナーたちの動向を変えていくのだろうか。この発表を受け、新たにマイナーとして名乗りをあげる者がいるのか注目していきたい点である。

<< 関連記事 >>

・マイニングためにジャンボジェット機をチャーターしてしまう!?

・マイニング装置のセール?

関連記事

  1. ロシアの保健省、ブロックチェーンの試験導入開始

  2. ブロックチェーン技術がギャンブル業界を活性化

  3. エストニアLHV銀行、ブロックチェーン技術採用のウォレットを開発

  4. 仏メガバンク、ビットコイン技術者を募集中

  5. ロシア法定、ビットコイン関連サイトの禁止を解除決定

  6. ブロックチェーンを用いたテレビ番組が10月から開始

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP