ニュース

ロシア最大の取引所がブロックチェーン技術を決済利用へ

 ロシアは、ブロックチェーン技術における中国との競争を繰り広げるため、いくつかの取り組みを発表。

ロシア最大の取引所であるモスクワ取引所の中央保管庫NSDは、

デジタル通貨の預金および決済サービスを提供するブロックチェーンベースのプラットフォームを推進するようだ。

NSDによると、サービスのプロトタイプは2018年上半期に開始される予定だ。

NSDは今回の立ち上げのためにWaves Platformと協力する模様。 Wavesを使用して、NSDは銀行、年金基金、個人投資家が利用できるデジタル通貨ウォレットを作成するようだ。

再三、ロシアが仮想通貨や、その技術あるブロックチェーンを取り入れるニュースをお伝えしてきたが、

やはりロシアはこの技術に対して前向きな方針を取っている模様だ。

このサービスが開始することにより、個人投資家だけでなく、銀行や年金基金も利用できるウォレット作成するということは、

これから多くの人間がデジタル通貨を利用する見通しがあるということだろう。

ロシアが中国に追いつくのも、もしかしたらそう遠くない未来なのかもしれない。

【 関連記事 】

・ロシアの保健省、ブロックチェーンの試験導入開始

・ロシア、中国に対抗してビットコインのマイニングに1億ドルを用意

・ロシア連邦中央銀行が分散型台帳技術の取引実験に成功

・ロシア、ビットコインに対する姿勢が軟化傾向

・ロシアの金融企業などで民間のブロックチェーンコンソーシアム立ち上げ

関連記事

  1. マルタ政府がブロックチェーン技術を導入

  2. 中国の大手取引所で信用取引が停止される

  3. 台湾でビットコイン保持が違法に

  4. ビットコイン取引所Coincheck、日本円での信用取引開始

  5. Ripple、新認証システム導入に向け新規登録を一旦停止

  6. 欧州銀行監督局、仮想通貨専用のマネー管理規制が必要と提案

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP