ニュース

Mastercardが、暗号通貨利用者に対する返金サービスに関する技術の特許出願

 Mastercardが、暗号通貨利用者に対する返金サービスに関する技術の特許出願を行ったようだ。

米国特許商標庁が公表している公式文書によると、

このサービスはユーザーの個人情報を任意の仮想通貨のアドレスへ紐づけた上で認証を可能にするためのインフラの構築を目指していると考えられる。

今回Mastercardが提示しているシステムは、決済取引における払い戻しのプロセスを可能にするのが目的である。

現在のシステムでは、支払い時に利用した購入者のアドレスへ返金が行われなければならない。

Mastercardは利用者が指定した任意のアドレスへ払い戻しが可能なサービスの構築を目指している模様。

世界的に有名なカード会社であるMastercardがこのようなインフラの整備の特許を取得するということは、

それだけ暗号通貨のユーザーが多く、増えると考えることも出来る。

ビットコインが最高値をたたき出したニュースは、ユーザー以外の耳に残したことであろう。

そして、それは多くの関心を残したことと思う。

これから先どんんどんとユーザーが増えることを見通したMastercardの見通しに天晴れという他ないであろう。

関連記事

  1. アメリカ国務省、ブロックチェーンフォーラム開催へ

  2. ロシアの暗号通貨戦略

  3. 中国のビットコインスタートアップBTC123がいくつかのサービスを停止…

  4. トランプの就任とビットコイン

  5. 国連、仮想通貨に詳しいボランティアを募集

  6. BCCCが電子トークン「ZEN」の社会実験を開始

PAGE TOP