ブロックチェーン技術でEV充電ステーションを管理

充電ステーション

カリフォルニアがブロックチェーンに接続されたEV充電ステーションを提供したようだ。

「電気自動車」と「仮想通貨」この次世代の常識を作っていく2つの業界が手を組んだ。

電気自動車を充電するためのほとんどのシステムは、個々のユーザーの家庭に配置されている。

とある会社は、電気自動車の運転手が時間外に充電ステーションを共有し、利用可能にするシステムを構築中だ。

カリフォルニア州の高速道路では充電ステーションがほとんどなく、分散システムによって、

運転者は州全体の充電場所にアクセスできる このシステムはブロックチェーン技術を利用したもので、

システムによって個々のユーザーが独自の価格を設定され、ユーザーを追跡し、確実に支払いができるように設計されている。

この技術は、運転手が専用の充電スタンドを利用できるドイツで既に使用されている。

システムが機能すれば、多くの州がカリフォルニアに続くといえるだろう。  電気自動車は昨今の車業界に増え続けている。

もちろん国産車も同様である。そうなれば困るのが、やはり充電ステーションである。

現在、充電ステーションを見かけることも多くなってきたが、ガソリンスタンドに比べればまだ多いとは言えない。

この先この技術が発達していけば、電気自動車の未来も明るいと言える。

そうなれば、運転者だけでなく、自動車メーカーを多数抱える日本にとっても朗報と言えるのではないだろうか。

カリフォルニア