新宿マルイ アネックスが仮想通貨ビットコイン決済導入

丸井 ロゴ

新宿マルイ アネックスが仮想通貨ビットコイン決済導入したようだ。

世代問わず利用者の多い丸いグループのビットコイン決済導入はとても嬉しいニュースだ。

 丸井グループが、ビットコイン取引所大手のビットフライヤーと組み、新宿マルイアネックスでビットコインによる決済の試験導入が決定。

期間は今月7日から10月末になっており、決済の上限は10万円相当。利用状況をみて、期間や導入店の拡大を検討しているようだ。

決済には同社が提供するビットフライヤーウォレットというアプリが必須になっており、

飲食店や喫茶店など一部のテナントは対象外となるようだ。

ビットコインによる決済は家電量販店や飲食店などで導入が進んでおり、

丸井も決済手段を広げて顧客の利便性を高める方針。 近年、日本では中国人による爆買いという言葉が多く耳にした。

仮想通貨の多くを中国人富裕層が利用していることも相まって、今回丸井グループも踏み切ったというのが筆者の見解である。

日本人による高額商品の購入などが少なくなってきているので、外国人向けの商売が加速してきているように思える。

そのため、多くの外国人の富裕層を狙ったビットコインによる決済を検討する事が、これから小売業界の発展を促す存在になるのかもしれない。

ビットフライヤー