ニュース

ビットコインが大幅下落、一時2000ドル付近も記録。

ここ数週間ほどは堅調な値動きを見せていたビットコインが3100ドル付近で反発し、14~5日時点では2100ドルという久しぶりに2000ドルを割り込みそうな大きな下落を見せた。

 

このブログでは、ビットコインの値動きをそう頻繁に追っているわけではないが、(もっと詳細かつ正確に叙述しておられるトレーダーの方も見える)大きなトレンド転換が起きそうなときにはちょくちょく、こうしたニュースを伝えておきたい。

 

ビットコインは、2017年に入って、大きな値上げを見せている。それに伴い、第二第三のビットコインと呼ばれるアルトコインの市場も活況の様相を呈している。

 

今現在でも、長期的に見れば、いまだ発展途上ではあるものの、仮想通貨が投資の対象になっている以上、そこにバブル(投資加熱)は存在するわけで、それはビットコイン、あるいはその他のアルトコインとは無関係に発生する。

 

ビットコインというのは、いわば仮想通貨のプロトタイプであり、技術的に見ればもっと優れているブロックチェーンは存在するし、では何故ビットコインが一番市場価値が高いのかと問われれば、投資に伴う需給関係の過熱によるところが大きい。と私は思う。

 

言わば、先行者利益を得る形でビットコインは走っている。その価値の終点は誰にも予想はできないし、中には10年後には、1BTCは50万ドルになるという人々もいるくらいだ。ただしこれはあくまで希望的観測にすぎない。

 

実際に10年後まで保持するのならば、そうたいした問題にはならないのかもしれないが、買ったとたんに500ドル、時にはこうして1000ドル近くも値を落とすことはあるのである。

 

今は、勝てる相場も多くある上昇トレンドなので無責任な仮想通貨投資を促す声もかなり多い。そうしたリスクをしっかり見極め、把握したうえで、仮想通貨に投資してほしい。(私如きがいうべきではないかもしれないが)

 

 

関連記事

  1. ロシアで家庭でのマイニング禁止か?

  2. 国内取引所QUOINEがICOで資金調達へ

  3. 仕込み買いする暗号通貨の選び方 Part2

  4. RippleLabs、米国財務省の元財務次官補を採用

  5. FX証券会社がビットコインを使ったキャンペーン開催

  6. ビットコイン販売で起訴される?

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP