ニュース

Mozillaの前CEOが立ち上げたBrave、ICOにて3500万ドルを調達

インターネットブラウザのFireFoxの開発などで知られるMozillaの前CEOであるブレンダンアイク氏の立ち上げた新たな企業、Braveが仮想通貨の売却によって資金を調達するICO(イニシャルコインオファーリング)の手法で3500万ドルを調達した。

Mozillaの前CEOが立ち上げたBraveが高い注目を集めている。ICOで瞬く間に3500万ドルをかき集めたからである。要した時間は約30秒。

 

時間の異例さばかりでなく金額的に見てもこれはICOでも最大規模だという。

 

ICOでは投資家は、投資した金額に対して、いくらかの仮想通貨を受け取ることができる。Braveは今回の資金調達に際して、およそ3500万ドル分のベーシックアテンショントークン(BAT)を発行した。

 

大きな資金を持って開発されるBraveは迅速な読込機能やセキュリティに強みを持つブラウザなのだという。

 

主にWebサービスを展開する企業ではこうした資金調達の流れが増えている。株式を市場で発行しなくても電子トークンを発行して資金を確保する。

 

独自の仮想通貨を発行して新たなサービスの原資とするというやり方が確立する事でネット業界全体の在り方が変遷していくことになるのかもしれない。

 

関連記事

  1. インドで住民の情報をブロックチェーンで管理

  2. 米国内で映画鑑賞がビットコインで可能に

  3. CoinCheckが中国語対応

  4. 米ゴールドマン・サックス、R3コンソーシアムから脱退

  5. ビットコインの税収詐欺とは

  6. 野村證券、ブロックチェーンの研究開始

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP