ニュース

仮想通貨の取引量、一日に7億ドルを突破。

今年のはじめに、2017年は仮想通貨元年だ。という記事を読んだのをふと思い出した。仮想通貨の活躍が生活の色々なところに出て、仮想的な世界から現実社会に様々な影響を与えてくる。とそういう内容であった。

今思うと、その記事の洞察力は素晴らしかった。まだ、5月で、「今年」の折り返し地点にも到達していないが、ビットコインをはじめとした仮想通貨の取引量はぐいぐいと伸びている。

 

経済的な観点から見れば、取引量が増大すれば価格も上昇する。「国境を持たない」の言葉通り、世界中の人が仮想通貨を取引し、決済の手段として利用していく。

 

政府に縛られない通貨を作る、という当初の理念からは少しの軌道修正も見える。実際、今の仮想通貨は、各国の規制の中で運用され始めているからだ。

 

但し、政府の金融政策に発行量をコントロールされないという部分は生きている上に、まだ仮想通貨は発展の可能性を多く残している。

 

そして今、ビットコインのみでもその取引量は一日に7億ドルにもなり、市場価値は日に日に高まっている。

 

その取引の中心地は日本、アメリカだという。投資に聡いアメリカ人はこれから先、仮想通貨を投資先のひとつとして行くであろうことを考えると、当面の取引量は増え続けるだろう。

 

取引の増大の中で、実際上の利便性も高まりつつあり、支払にビットコインを利用できる場面も増えていく。

 

仮想通貨元年、どれだけの変化が起きるか、まだまだ楽しみである。

関連記事

  1. Rippleの個人認証方法についてフジクリプト社が動画で紹介

  2. Megaupload の創設者がビットコインサービスを新たに発表

  3. ウクライナ政府、Bitfuryと提携、初のブロックチェーン電子政府計画…

  4. Microsoft、政府専用クラウドにもブロックチェーンを

  5. ビットコイン高騰続く。17万円台後半へ

  6. 編集できるブロックチェーンを開発できるか、アクセンチュアの野望

PAGE TOP