専業トレーダー特別講座⑤~仮想通貨でトレード‼ シリーズVol,8~

2016y02m17d_121440905

こんにちは、クリプト君です。

『仮想通貨でトレード‼』 シリーズの第6弾です。

今回、専業トレーダーS氏がトレードする際に必要なチャート分析をサポートする主要分析ツールについて解説してくれます。お見逃しなく!

さて、「仮想通貨でトレード‼」シリーズVol,8ということで今回は「主要分析ツール解説」について書いていきます。

まずは、基本のチャート画像です。

2016.2.17.001

今回はインジケータと呼ばれる分析ツールのなかでいくつか簡単にご紹介します。

① 一目均衡表

2016y02m17d_121440905

これはローソク足とおなじで日本人が考案した有名なインジケータです。

少し難しいイメージがある方が多いですがユーザーは多いです。「これがあれば他の分析ツールはいらない」と豪語するトレーダーも少なくありません。

トレンドの転換ポイントや抵抗ポイントなどを分析できます。

② MACD

2016y02m17d_121508052

オシレーターと呼ばれるもので、

「買われすぎ売られすぎ」を見るものが多いです。

オシレーターも種類が豊富です。

③ ストキャスティクス

2016y02m17d_121536922

こちらもオシレーターです。

④ RSI

2016y02m17d_121525600

こちらもオシレーターの一種ですが、RSIのチャートグラフ上にトレンドラインを引くという使い方をするトレーダーもいます。

 

クリプト君: Sさん、今回も有難うございます!

S氏: はい、簡単にご紹介させていただきました。

クリプト君: Sさんが使ってるのはあるのですか?

S氏: はい。一目均衡表だけですね。次回簡単なロジック構成を一つご紹介しますよ。

クリプト君: ロジック公開してくれるのですか!!有難うございます!みなさん次回もお楽しみに!

 

次回は、S氏トレード講座、基礎ロジック解説についての講座をS氏にお願いしております!

 

今なら777リップルコインがもらえる!今すぐMr.Rippleでウォレット作成!

mr468_60-1

 

▶ 注目コインを今すぐチェック

▶ 取引所の徹底比較

▶ 仮想通貨Q&A

 

↓ ↓ ↓ コインの森公式ツイッターアカウントをチェック ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369