用語集

 

仮想通貨(暗号通貨)

(詳細はトップページ「仮想通貨とは?」を参照)

仮想通貨はインターネット上に存在し、暗号で書かれているコインの総称。英語ではCrypto Currencyとなり、日本語でも正しくは『暗号通貨』であるが単語として普及しているのは仮想通貨であり、広義において当サイトでは暗号通貨=仮想通貨として使用している。

既存の通貨と比較して、「安価で」「短時間で」「どこへでも」送金できることが大きなメリットとされる。

 

ビットコイン

2009年にスタートした、現時点では最も有名な仮想通貨。ブロックチェーンという技術を使い、P2Pで送金する。既存通貨と異なり中央集権(日本円で言う日本銀行)が存在しないため、送金のプロセスはネットワークに参加するものが皆で監視するため、公平性が保たれ悪意のある行動は排除される仕組みとなっている。

 

リップル

2014年にスタートした決済システム提供会社。「リップル」という用語で仮想通貨を意味することもあるが、これはXRPというリップルネットワーク内で使われるコインを指す。「リップル」という用語はこのコインの意味、リップルの管理主体であるリップルラボ、またその決済サービスを指すことが多い。

 

BTC

ビットコインを表す単位。日本円で言うJPY。同様に、RippleであればXRP、ライトコインであればLTCなど通貨の単位は3文字(一部4文字)で表記される。

 

アドレス

仮想通貨におけるアドレスとは銀行の口座番号のようなもので、コインを受け取る際などに使用する。

 

ウォレット

ウォレットとは英語で財布の意味であり、仮想通貨における口座の意味である。

 

P2P(ピア・ツー・ピア)

Peer to Peerの略。ネットワーク上で対等な関係にある端末を直接つないでデータをやりとりする方式のことである。この技術により暗号通貨は中央集権の管理下に置かれる必要がないとされる。

 

ブロックチェーン

暗号通貨のネットワーク上に保存されている、全ての取引履歴データ。ブロックチェーンを採用する多くの暗号通貨ではこの履歴が公開されている。ネットワークに参加する全ての者が共有することで、悪意のある取引の改ざんや二重取引などを防ぐことが可能となっている。

 

ハッシュレート

暗号通貨ネットワーク内における計算能力の単位。例えばハッシュレートが100TH/sとあれば、一秒あたり100兆回の計算がなされるという意味である。

 

マイニング(採掘)

仮想通貨のネットワーク上で行われる取引を、安全性確保のために数学的な計算をすることで承認する処理のことをマイニングという。マイニングを行ったことに対する報酬がコインで支払われる。計算処理を一番最初に完了したマイナー(採掘者)に報酬が支払われるため、マイナーは専用のハードウェア(採掘機)を使って計算処理する。

膨大な計算処理をするため採掘機で消費する電力や放熱量が大きく、この点においてエコフレンドリーではない、という意見も出ている。

 

二重取引

あるユーザーが2つの受信者に同時に支払いを行うことを指す。悪意を持って行った場合も含め、こうした取引をブロックチェーンとマイニングプロセスで監視し、誤った取引を防止することでネットワークの安全性を保っている。

 

秘密鍵

ウォレットを作成した際に付与される文字列のことで、プライベートキーとも言う。アドレスから送金する際に必要なパスワードのようなもの(パスワードとは異なる)。ウォレットの管理上、第三者には絶対に知られないようにすべきで、これが漏洩するとハッキングのリスクが増大する。

 

アルトコイン

ビットコインのプログラムを基とした他の暗号通貨を指す。ライトコインやドージコインなど、日々多くのアルトコインが誕生している。