用語集

仮想通貨はインターネット上に存在し、暗号で書かれているコインの総称。英語ではCrypto Currencyとなり、正しい日本語は『暗号通貨』であるが、単語として普及しているのは仮想通貨であり、広義において当サイトでは暗号通貨=仮想通貨として使用している。既存の通貨と比較して、「安価で」「短時間で」「どこへでも」送金できることが大きなメリットとされる。

アドレス

仮想通貨におけるアドレスとは銀行の口座番号のようなもので、コインを受け取る際などに使用する。

ウォレット

ウォレットとは英語で財布の意味であり、仮想通貨における口座の意味である。

P2P(ピア・ツー・ピア)

Peer to Peerの略。ネットワーク上で対等な関係にある端末を直接つなぎ、データをやりとりする方式のことである。この技術により仮想通貨は中央集権の管理下に置かれる必要がないとされる。

ブロックチェーン

仮想通貨のネットワーク上に保存されている、全ての取引履歴データ。ブロックチェーンを採用する多くの仮想通貨ではこの履歴が公開されている。ネットワークに参加する全ての者が共有することで、悪意のある取引の改ざんや二重取引などを防ぐことが可能となっている。

ハッシュレート

仮想通貨ネットワーク内における計算能力の単位。例えば、ハッシュレートが100TH/sとあれば、一秒あたり100兆回の計算がなされるという意味である。

マイニング(採掘)

仮想通貨のネットワーク上で行われる取引を、安全性確保のために数学的な計算をすることで承認する処理のことをマイニングという。マイニングを行ったことに対する報酬は、コインで支払われる。計算処理を一番最初に完了したマイナー(採掘者)に報酬が支払われるため、マイナーは専用のハードウェア(採掘機)を使って計算処理する。

二重取引

あるユーザーが2つの受信者に同時に支払いを行うことを指す。悪意を持って行った場合も含め、こうした取引をブロックチェーンとマイニングプロセスで監視し、誤った取引を防止することでネットワークの安全性を保っている。

秘密鍵

ウォレットを作成した際に付与される文字列のことで、プライベートキーとも言う。アドレスから送金する際に必要なパスワードのようなもの(パスワードとは異なる)。ウォレットの管理上、第三者には絶対に知られないようにすべきで、これが漏洩するとハッキングのリスクが増大する。

アルトコイン

ビットコインのプログラムを基とした他の仮想通貨を指す。ライトコインやドージコインなど、日々多くのアルトコインが誕生している。

スマートコントラクト

オンライン上の(効率的な)合意システム、という概念。概念そのものは、アメリカの法律・デジタル暗号の専門家Nicholas Szaboによって提唱されていた。ブロックチェーン技術を用いて、第三者の介入を必要としないまま、コンピューター上で自動契約、その履行(または停止)などが行われる。スマート(自動で賢く確実に、余分なステップがない)に契約が行える。書類上の契約のみならず、取引や決済までを含む。有名なアルトコイン「イーサリアム」が提供するプラットフォームが最も知名度が高いと言える。

トランザクション

「transaction(s):取引」という直訳のとおり、オンラインのブロックチェーン上での取引の記録のこと。各トランザクションは、元のコインの所有者の電子署名、前のトランザクションのハッシュ値、新たな所有者の公開鍵を含んでいる。トランザクション情報は全て、P2Pネットワーク全体で共有される。

ナンス(nonce)

マイニング時に生成される、使い捨ての32ビットの任意の値のこと。次のブロックにつながる正しいナンスを算出することがマイニングの実際の作業である。

ブロック

多数のトランザクションとナンス、直前のブロックのハッシュで構成されている。マイニングの単位でもある。ビットコインでは、約10分に1個のブロックが生成されている。

Difficulty(採掘難易度:ディフィカルティー)

マイニングするにあたり、正しい(=報酬を得られる)ナンスを算出する難易度のこと。

スケーラビリティ問題

ビットコインでは、1ブロックあたりの書き込み容量が1MBで固定されている(2017年9月現在)。そのため、データの処理速度がその他決済システムと比べ遅くなりがちである。今後ビットコインが世界規模で拡大し、ブロックチェーン内の処理能力を超える数の取引が行われると、データ処理が追いつかず、取引の遅延や停止などの恐れもある。

承認

確実に送金がなされたこと、それに加えて二重取引でないこと、これらを証明するため、利用者全員がお互いの取引記録をチェックできるようにしたことが、ビットコイン最大の特徴の一つである。世界で一番最初に、その取引記録が正しいと確認できた人に、ビットコインが報酬として発行される。マイニング時のナンスの算出は、取引記録の証明でもある。正しいと認められた取引(=トランザクション)は新しいブロックに追加されていく。このプロセスを承認と呼ぶ。

51%攻撃

いち早く承認できた人が報酬を獲得できる仕組みだが、さらにその承認作業が正しいと認められるには、他のマイナーの過半数(51%)が正しい承認であったと認める必要がある。もし仮に、51%以上のマイナーを支配できたとすれば、不正な承認を行い、二重取引を成立させたり、特定の取引を非承認にすることができる可能性がある。これが51%攻撃と呼ばれるものである。

フォーク

仮想通貨やソフトウェア開発などでは「分岐」のニュアンスで用いられる単語。フォークが行われると、元のソースは同じでも従来のものと新しい物、別のソフトウェアとして開発が進んでいくことになる。仮想通貨の世界では、ハードフォークとソフトフォーク、二種類のフォークに大別できる。

ハードフォーク

フォークが行われる際、フォーク前と後で相互の互換性を持たない新しい仕様の仮想通貨に分岐すること。ハードフォークが行われると、フォーク前の従来の通貨と、新しい仕組みに分岐した通貨、二種類の通貨ができることになる。

ソフトフォーク

フォークが行われる際、旧来の仕様との相互互換性を維持しつつ、新しい仕組みも適用する変更のこと。

proof of work

マイニング時に正しいナンスを導き出すには、総当り式で膨大な計算を行わなければならない。proof of work=仕事の証明=計算量の証明とは、この膨大な計算の連続そのものと言える。膨大な仕事(計算)を続けさせることで、コイン偽造を防いでいると言い換えられる。仮にブロックチェーン上でデータ改ざん・ビットコインを偽造したとしても、そのブロックに連なる全ての取引データも再計算しなければならず、計算に次ぐ計算となり、ブロックチェーンの偽造は非常に困難となっている。

proof of stake

proof of workは、いわば計算量の証明。大量の電気を使い、大量の計算を行えるものが報酬を得やすい仕組みとなってる。それに対して、proof of stakeはその通貨の所有量が多ければ多いほど、承認者として選ばれる確率が高くなる仕組みである。承認時の手数料として報酬が支払われる。

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP