ビットコイン(BTC)

オープン時期
2009年1月
ビットコイン財団
https://bitcoin.org
ブロックチェーン
https://blockchain.info
最大生成コイン数
2,100万BTC
生成アルゴリズム
SHA 256
紹介動画
http://youtu.be/Gc2en3nHxA4

2009年にサトシナカモトによって発表された論文を元に開発された、最初の仮想通貨。政府や中央機関に管理されない、全く新しい形の通貨を目指して作られた。
特に自国の通貨が不安定であったり、急激な価値の低下を恐れた国民がビットコインに安定を求める姿が見受けられるようになっている。キプロスやアルゼンチンなどでは実際に市民が自国通貨を見限り、ビットコインに両替している。
ビットコインは管理発行団体がいないことが最大のポイントで、金融機関などを通さず直接相手に送金できることも既存通貨と比較して大きなメリットである。
ビットコインを始めとする多くの仮想通貨が、「マイニング」というコインの生成作業を世界中のコンピューターが行っている。
世界中のコンピューターで同時に、マイニングを通してコインの流れを管理するという「ブロックチェーン技術」がビットコインの持つ最大の革命的要素であり、この技術を活用した多くの新しいビジネスやシステムのアイディアが生まれている。
コインの発行総数は「2100万BTC」とプログラムで決められており、マイニングによって世に生み出される仕組みで、年々発行数が減少する。
一方、2013年末に1200ドル前後まで上昇した価格は、2014年2月に大手取引所Mt.GOXが「システムがハッキングされ資産を盗まれた」として経営破綻したことから一気に下落した。2015年はじめには、同社が所在する日本の警察庁が「コインの盗難は99%が内部の犯行」との見方を示したため、更に価格の下落を招くこととなった。しかし仮想通貨のパイオニアであり、価格の下落に逆行して年々ビットコインに注目する企業や個人は増加しており、時価総額世界一も維持している。

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP