1仮想通貨(暗号通貨)とは?

  • インターネット上でやりとりする、暗号で書かれた通貨の事を言う。
    (英語を直訳すると「暗号通貨」となる)
  • 既存の円やドルなどの通貨と異なり、紙幣や硬貨などの『実物(モノ)』は基本的に存在しない。
  • 銀行送金やカード決済などと比較して低コストなため、様々な商取引での活用が見込まれる。
  • 日本国内において、公には「価値を持つ電磁記録」となる。
  • 通貨なので既存通貨とのペアがあり、対になるレートが存在する。厳密にはそのレートも取引所毎に異なる場合がある。
メリット
  • 既存通貨と比較して送金や決済が非常に低コスト&高速。
  • 一部を除き、国家などの中央集権的な機関が存在しない。
  • 個人間で直接やり取りが可能(銀行を介さない)。
  • オープンソースであり、様々な新ビジネスが生まれる。
デメリット
  • 歴史が浅い。
  • 今後、各国政府が規制する可能性あり。
  • 取引量が増えるまでは、上下動の幅が大きい。
  • 取引所の信頼性が既存金融機関より低い。

2既存通貨と何が異なるのか?

価値の裏付け

例えば、円なら発行元は日銀であり、大元は日本政府です。大まかに言えば、日本国全体の価値が円の価値に直結しています。基本的に、通貨はその管理機関(国など)が価値の裏付けとなりますが、多くの仮想通貨にはその機関がありません。純粋に通貨の価値のみが価格に反映されます

送金コスト、スピード

円建ての口座から海外、例えばアメリカの銀行口座に送金をしようとすると、振込手数料や着金までの日数で驚かれることが多いです。
大手銀行からの送金であれば手数料で数千円~、中3日程度の時間が普通ですが、仮想通貨であれば手数料はゼロに近く、送金スピードも数秒~遅くても10分程度です。
現金だけしか使えなかった時代にクレジットカードが決済の形を変え、電子マネーなどの登場で一段と便利になりました。その先に仮想通貨での決済があると考えられています。

将来性

上記2項目の優位点から、様々なビジネスに応用が可能であり、将来性が期待されています。安全性においては発展途上の部分はあるものの、これは既存通貨でも同じ部分であり、サーバーテロ集団との戦いはどこでも必須です。特にセキュリティ面において、既存金融機関は出遅れていると言われており、一部の仮想通貨はこの部分で銀行よりも優れた仕組みを持っていると言われています。
送金スピードが早く、手数料が低い点を利用してネットショッピングでの決済に使用したり、ファンディングなどでも力を発揮できるでしょう。また、既存通貨では手数料の面で不可能であったマイクロペイメントと言われるごく少額の決済、例えばチップの支払いや少額でのお礼なども仮想通貨が活躍できる場面です。
実店舗での買い物においては、インフラ整備を整えることでクレジットカードよりも手数料が安く済み、結果として安価に買い物ができ、業界の構図が大きく変わる可能性があります。
その他、ビットコインなどの仮想通貨は『ブロックチェーン』という技術がベースになっていますが、この技術は世界の大手企業も注目しており、今後数年以内にこの技術を使って何らかの製品を世に出そうとしている企業も出始めています。

当サイトなどで関連ニュースをチェックすることで、仮想通貨が目を見張るスピードで発展していく様子を目の当たりにすることができるでしょう。

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP